障害がある方のお直し リメイク ◆大きいサイズ小さいサイズのオーダーメイド

カテゴリー: イベント

着物リメイクメンズコート

逗子アートフェスティバルでファッションショーを行いました。

デザインからワークショップを行い、障害のあるモデル本人たちが古着を選びデザインして、Mトワルご製作しました。

その中で特徴的で、素敵だってものをご紹介します。

メンズスーツと着物をドッキングしたアウター。

片麻痺で片腕しか使えない

ワンハンドのマジシャン シリュウ

によるデザインです。

片腕はつねに曲げた状態。袖を通すのも大変、とのことで、大胆に、片袖をカット。

そこに着物の振袖の余り布で、アスコットタイとお揃いのアームクロスを付けバランスを取りました。

インナーにはさらに木綿の着物生地で

三角巾を内蔵。

ウェストから下は、コート風にアシメトリーに着物とドッキング。

スーツのポケットも使えるようにした実用性のあるコートです。

メンズの着物利用は、若者を中心にジワジワと増えてきていますね。スニーカーやデニムと合わせたり、元々渋くおしゃれな柄が多いので、リメイクには最適です。

一度箪笥の中の着物を見つめてみてみませんか。

マジシャン シリュウは、横浜を中心に各地イベントで子供達や、我々を楽しませてくれています。

https://one-hand.wixsite.com/cardician/testimonials

ビニールペイントデニムジャンスカ

逗子アートフェスティバルに参加しています。

その中のみんなでファッションショー2020は、今年はオンライン配信でしたが

そのにいたるまでの 青空のペイントワークショップや資材をコラージュするわーくなどは とても楽しくすることができました。

そんな中の zクリル絵具でペイントされたビニールをデニムと合わせて サロペスカートに。

透け感も可愛く(実用的ではないw)なによりもモデルさんの子の笑顔 たまらないです。

サービス付き高齢者住宅 出張お直しイベント

サービス付き高齢者住宅での

ファッション販売と、ミシン、ロックミシンを持参しての出張お直しイベントを行いました!

朝食後のロビーを利用して開催。開店早々続々と、パンツやらカーディガンを手に、物珍しそうに、集まっていただきました。

パンツや上着の丈詰めなどをメインに当日仕上げよう!と考えていましたが、甘かったです。

肩パットの大きなピークドラペルジャケットの 袖取り襟取り。

ミンクファーの長さを半分に。

擦り切れたコートの襟の表裏付け替え!

様々なお直しの宿題もいただきました。引っ越しされてきたとはいえまだまだ沢山のお洋服をお持ちの先輩達。大切にしてこられたのが何度も直された裏地のついたパンツをみてわかります。

リメイク リフォーム リデザイン 再構築…

これからもっと先の時代、素材を調達できないえ時代がやってくるようです。パリの服装学校では、どんな素材からでも服ができるような授業も行われていると聞きます。

今あるものを素材として活用する。

そんな考えに自信が湧いてくるイベントとなりました。

次回3月に開催予定!

グレイプス辻堂西海岸

http://www.tt-sls.co.jp/grapes_tsujido/